ABOUT

やまなみ工房について

 やまなみ工房に通う人達にはそれぞれに「これをすることで私は幸せである。」があります。
 やまなみ工房の“日常の中のある日”を覗いてみると、一人一人がそれぞれの方法で“特別な自分”を毎日表現しています。
 粘土で何かを作る事が好きな人、絵を描くのが好きな人、歌うことが好きな人や刺繍が好きな人、おしゃべりが好きな人もいれば、一人静かが好きな人、元気よく体を動かす人、じっとするのが好きな人、好きな事や得意な事は様々です。
 しかしその表現の多くは今日の一般社会の中において、対価に結びつく事が難しく、行為そのものの価値や彼らの本質が見失われることも少なくはありません。
 互いの違いを知る事。
 それぞれの価値観を大切にする事。
 描きたいように描いてみよう。
 つくりたいようにつくってみよう。
 君は君らしく生きてみよう。
 あるがままの自分が認められ存在できる場所で、自由に自分の可能性に向かう事が出来ればどんなに嬉しい事でしょう。
 自分らしく過ごす日常の中で生まれた僕の色、私のカタチ。
 やまなみ工房は、様々な表現から感じる個々の本質を大切に、感性とは何か、豊かさとは何かを考え、それぞれの可能性、そしてHAPPYが無限に広がる事を目指します。

Artists at ATELIER YAMANAMI have their own way being happy. Visit ATELIER YAMANAMI, and you will be impressed by the variety of their activities-clay modeling, drawing, painting, embroidering, singing and dancing…etc.

They also behave differently while engaging with their art works-
some like chatting, some like silence.
And while some like to move around, and some prefer to sit still.

Each artwork in ATELIER YAMANAMI is unique, and is the product of the artists’ daily lives. However in today’s society, these artworks which can be categorized as ’Art Brut’, often don’t get due appreciation and respect in today’s society.
We, YAMANAMI staff, want to change that.

Through ATELIER YAMANAMI’s art;
We treasure individuality.
We respect the artists’ own and unique sensitivities.
And we appreciate different ideas and values.

Let’s paint, create, and live freely! There is no limit.
ATELIER YAMANAMI is the place where people can pursue their possibilities and happiness in their own way.

翻訳 : サイバまーこ Translator / Mako Saiba

 

やまなみ工房

 やまなみ工房は1986年、「やまなみ共同作業所」として甲南町に誕生しました。
 やまなみ工房は6つのグループに分かれて活動をしています。粘土や絵画に取り組む「アトリエころぼっくる」、刺繍や絵画に取り組む「こっとん」、健康のため散歩や運動に取り組みながら表現活動に取り組む「ぷれんだむ」、メンテナンス作業を中心に取り組む「もくもく」、古紙回収をはじめ様々な活動に取り組む「たゆたゆ」、CAFEを営業をする「hughug」。
 どのグループにおいても、それぞれが一人一人の個性や気持ちに沿った活動に取り組み、大切な人達と一緒に、生きがいややりがいが感じられるとても楽しく居心地の良い場所です。
 やまなみ工房は大切にしている事があります。あるがままの自分が認められ一人ひとりの思いや価値観が大切にされる事。
 いろんな場所にいったり、いろんな人に出会って「わ~すごい!見て見て!!」…と目を輝やかせたり心ときめいたり、そうした事をいっぱいする事。
 自由である事。その人がそれぞれ自分達で進むべき道を拓いていく。自分のライフスタイルやこうありたい、こうしたいを自分で決めていく事。
 失敗が許され、失敗が活かされる場所である事。仕事とは、働くとは、それは本人が主体的になってこそ意味を持ち生きたものになるのですから。
 仲間がいる事。自分の気持ちに素直に、ありのままの自分で接する事ができ、大切にされ必要とされる。例えばその日、みんなと違う事がしたいのなら同じ事をしなくてもいい。でも私は一人ぼっちじゃないと安心できる。誰だって一人で居たい時間や、一人で過ごしたい場所もあれば、“○○したくない”事だってあるのだから。

 一人一人が健康で自分らしく心豊かに過ごせますように。

About Atelier Yamanami
Atelier Yamanami first started as ‘Yamanami Welfare Workshop’ in Konan Street in 1986.

Atelier Yamanami consists of six groups;
‘Atelier Korobokkur’is the place they draw and do clay modeling.
In ‘Cotton’, they embroider or weave.
Purendam’ is a group in which they enjoy walking, exercising and expressing themselves.
Moku Moku’ is a group in which they do maintenance works.
In ‘Tayu Tayu’, they collect wastepaper for recycling or they work in the fields.
‘hug hug’ runs a Café.

In every group the members are taken care of and work on the activities they like, with their friends and loved ones.

In Atelier Yamanami, there are five things we especially care about;
First, people should be accepted as they are, and their feelings and values deserve  respect.
Secondly, people should gain a lot of exciting experiences through moving, going to many different places, and meeting many people.

Thirdly, people should be free. Everyone has the right to decide of his or her own life style, and what to do.
Fourthly, people can make mistakes and learn from them. They should be active, not passive in their activities and works.
Lastly, people should not be alone. They should be allowed to act naturally, be accepted, and be taken good care of. If someone wants to act alone, he or she can do so. (Everyone sometimes needs a moment to oneself, right?) But the person should know he or she is not isolated, and should feel at ease.

May everyone lead a healthy and happy life!

翻訳 : サイバまーこ Translator / Mako Saiba

事業展開はこちら (PDF)
沿革はこちら (PDF)

 

開所日について

月~金曜日の平日 ※土日祝祭日はお休みです。 ※月一回土曜日出勤があります。
※夏休み・お盆時期に6日間、冬休み・年末年始に6日間のお休みがあります。
【開所時間】  8:45~17:30
【活動時間】 10:00~15:45 ※活動時間は施設利用者の方々が活動している時間です。

活動内容について

※生活介護
生活等に関する相談や、必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供、
その他の身体機能又は生活能力の向上のために必要な援助を行います。
【主な仕事】 紙漉き、古紙回収、ペットボトルキャップ回収、畑、リハビリ、散歩、絵画、陶芸、その他さまざまな表現活動

※就労継続支援B型
生産活動その他の活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために
必要な訓練、その他の必要な支援を行います。
【主な仕事】 粘土、絵画、縫製、刺繍、メンテナンス、喫茶営業

具体的な活動内容はこちら

健康について

  • 年2回の健康診断を実施いたします。(個人負担はありません。)
  • 年1回の歯科検診を実施いたします。(個人負担はありません。)
  • 年1回のインフルエンザ予防接種を行います。(希望者のみ実費負担)
  • 毎月、散髪サービスを行います。(有料、1回2,100円と無料コースがあります。)
  • 必要に応じ通院同行を行います。

送迎について

  • 現在甲賀市5町、湖南市、三重県伊賀市の一部を専用バスで巡回いたしております。
    出来るだけ利用者とご家族のニーズに添えるようにいたします。また送迎費用は要りません。
  • 自主通所も可能です。

給食について

  • 専属の管理栄養士と調理員が利用者一人一人の皆様の健康を支え、
    毎日楽しみながら食生活が送れるようにします。
  • 季節の野菜を多く取り入れ多彩なメニューを考えます。
  • 自分の誕生日にはリクエストメニューが出来ます。
  • 一人一人の体調や障がいに応じた献立や料理の提供方法を考えます。
  • 1食250円が自己負担です。(施設利用者は給食をご利用いただきます。)

ご利用対象者

  • 受給者証をお持ちの知的障害者、精神障害者、身体障害者が主な対象となります。

ご利用に必要な経費

  • 障がい者自立支援法によりサービスご利用にかかる費用の1割をご負担いただきます。
    但し市町村によって免除される場合もあります。
  • 給食費(昼食代)が1日250円必要です。(月末請求)
  • やまなみ工房保護者会会費(500円)と特別会費(1,000円)が必要となります。

PAGE TOP