カテゴリー別アーカイブ: 開催中の展示会

EXHIBITIONS

2017年10月13日(金)‐2017年10月31日(火)

ミュージアム・オブ・トゥギャザー展

会場 : スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
Tel : 03-3498-1171
URL : http://www.spiral.co.jp/
休館日 : 会期中無休※但し、※10月13日(金)は18:00まで
開館時間 : 11:00-20:00
観覧料 : 無料
主催 : 日本財団
制作 : 一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
監修 : NPO法人アーツイニシアティブトウキョウ[AIT/エイト]
企画協力 : スパイラル
会場協力 : 株式会社ワコールアートセンター

お問い合わせ先 : ミュージアム・オブ・トゥギャザー展 事務局
一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS内
TEL : 03-5577-6750  FAX : 03-5577-6628
MAIL : moto@diversity-in-the-arts.jp
URL : https://www.diversity-in-the-arts.jp/moto

 

主催者様からのごあいさつ
日本財団は、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指し、障害者のアート活動を中心に「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン・ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)」として、多様性の意義と価値を広く伝え、越境えっきょうや交錯こうさく、交歓こうかんの喚起かんきを導くプロジェクトに取り組んでいます。
展覧会やフォーラムの開催、作品の収蔵や作品貸出、積極的な情報発信などの多彩な取り組みを通して、多くの人々が参加者となり、さらなる新たな担い手や企てが生まれるよう、東京オリンピック、パラリンピックが開催される2020年に向けて、複数の企画を実施いたします。
「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」は、当プロジェクトとして開催する初の企画展です。多様な立場からそれぞれの専門性や考え方をもつ展覧会チームを編成し、議論を重ねながら準備を進めてきました。本展覧会が、新たな出会いの機会となり、多くの方々に関心や気付きをもたらし、お楽しみいただけましたら誠に幸いです。

キュレーターズメッセージ
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展は、22の作家による作品と、資料や模型などのアーカイブから構成する期間限定の美術館です。この展覧会に参加している作家たちは、それぞれにまったく異なる環境で生活をし、一人ひとり異なる感情や考えのなかで制作を続けています。この多種多様な作家たちを結びつけているものは何かと言えば、「つくりたい」という欲求。身体のなかからどうしようもなくわき起こって、何かをつくらずにはいられないような、自我を超えた行為です。アートとは、絶望や快楽、孤独や欲望、そして変性意識状態など、つくり手の内面をただよう激しい感情のゆらぎのなかから生まれているのです。
そこで、この展覧会では、アートを心理的あるいは精神的に安定した状態を生み出し、その状態を維持するための能動的な道具であると捉えてみることにしました。これは、いわゆる“アウトサイダー・アート”や“アール・ブリュット”という言葉で括られる作家のことだけを言っているのではありません。古来の宗教芸術から、近・現代までのあらゆるアート表現に共通してみることのできる、はっきりとした輪郭を現すことのない「スピリチュアリティ(精神世界)」。それこそが、あらゆる芸術表現の根底に横たわっているものだと考えているのです。そして、この“道具としてのアート”は、作家だけに限ったものでもありません。作品を注意深く鑑賞していくと、さまざまな感覚や欲求が自分の内側から自然と生まれてくるという体験を得る人もいるでしょう。この展覧会では、会場構成などいたるところに鑑賞者が能動的に展覧会に参加できる工夫をこらしました。

アートファンのみならず、こうした場に足を運ぶことを躊躇してしまう方たちにも鑑賞に来ていただける展覧会にするには、どんな新しいチャレンジが必要なのか。企画のはじまる段階から視覚障害のある方、聴覚障害のある方、車椅子の方など、当事者の方たちと意見交換をしながら議論を重ね、検証してきました。会場のデザインやアクセス・アート・プログラムなどを通して作り手の世界へと入り込み、より多くの鑑賞者の心のなかで作品同士が共鳴し、関係を結び合う。道具としてのアートの実験に、みなさんもぜひ参加してみてください。(キュレーター)ロジャー・マクドナルド / 塩見有子

やまなみ出展作家 : Emi/清水千秋/森雅樹

カテゴリー: 開催中の展示会 | ミュージアム・オブ・トゥギャザー展 はコメントを受け付けていません。

2017年9月2日(土)‐11月26日(日)

惑星ノマーPLANET NO‐MA

時間 : 11:00-17:00
会場 : ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
滋賀県近江八幡市永原町上16
休館日: 月曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
観覧料 : 一般300円(250円) 高大生250円(200円)中学生以下無料 ※障害のある方と付添者1名無料、()内は20名以上の団体料金
主催 : ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、社会福祉法人グロー(GLOW)~ 生きることが光になる~
後援 : 滋賀県、滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会
協力 : アーツ千代田3331、一般社団法人近江八幡観光物産協会、医療法人社団柏水会、ギャラリーラガルト、ケネディー電気、タネリスタジオ、社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房

問い合わせ : ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
Tel/Fax 0748-36-5018
E-mail no-ma[ at ]lake.ocn.ne.jp ※[ at ]を@に変換してください。

空飛ぶ車にロボット、宇宙旅行・・・かつて人々が空想した遥か先の未来は、日進月歩の科学技術の発展により、ドローンやAI、VRといった形で着実に形になりつつあり、そう遠くない現実世界として私たちを迎えようとしています。しかし、実際の科学が生まれる前には、かならず誰かのエキセントリック且つロマンティックな閃きがあるはずです。そして、この閃きを生み出してきたのは、宇宙冒険譚や平行世界、時空間移動など、サイエンス・フィクションの世界で繰り広げられてきた、夢に満ちた「空想科学」ではないだろうでしょうか。
本展では、火星に届くほどの空想科学的発想の跳躍力で、独自の航路に舵をとる、6名の表現者たちを紹介します。
未知なる「惑星ノマ」との遭遇をお楽しみください。

出展者/大原菜穂子

カテゴリー: 開催中の展示会 | 惑星ノマーPLANET NO‐MA はコメントを受け付けていません。

2017年9月7日 (木) ‐11月9日 (木)

Labor of Love

会場 : クリエイティブ・グロウス・アートセンター
355 24th Street. Oakland, CA 94116 |
Phone: 510.836.2340
Fax: 510.836.0769
開館時間 : 月〜金曜日 10 : 00 – 16 : 30 土曜日 10 : 00 – 15:00
休館日:日曜日
企画 : 主催 : クリエイティブ・グロウス・アートセンター
企画 : 小出由紀子
〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-10-4 丸石ビル301
協力 : やまなみ工房
〒520-3321 滋賀県甲賀市甲南町葛木872

やまなみ工房出展作家 : 井村ももか/鎌江一美/河合由美子/瀧口真代/山本愛/吉川秀昭

Labor of Love–日本語に訳すと「愛の手仕事」となるだろうか。酬われることなどこれっぽっちも求めずに、ただひたすらそれをすることが無上の喜びとなる手仕事。一見単純で誰にでもできそうなものがだ、実は風変りで、ごく私的な手仕事だ。驚くべき集中と継続から、ゆっくりと作り手の内面が顕われてくる。滋賀県にあるやまなみ工房とカリフォルニア州オークランドにあるクリエイティブ・グロウス・アートセンター、日米ふたつの障害者施設から12人の「愛の手仕事」を紹介し、美術の初動について考えてみよう。

カテゴリー: 開催中の展示会 | Labor of Love はコメントを受け付けていません。

2016年4月11日(月)‐2017年10月13日(金)

You´ve Got a Friend

会場 :やまなみ工房・Gallery gufguf
〒520-3321 滋賀県甲賀市甲南町葛木872 TEL0748-86-0334
http://a-yamanami.jp/
休館日 : 土日、祝祭日
開館時間 : 10:00~17:30
観覧料 : 無料
お問い合わせ先 : やまなみ工房・Gallery gufguf
〒520-3321 滋賀県甲賀市甲南町葛木872 TEL0748-86-0334
http://a-yamanami.jp/

出展作家 : 一木江美 井上優 井村ももか 岩瀬俊一 鵜飼結一朗 榎本高士 大路裕也
大捕萌 岡元俊雄 加賀谷圭太 鎌江一美 河合由美子 神山亜津美 神山美智子 齋藤志保
清水千秋 城谷明子 瀧口真代 竹口和 竹中克佳 田中睦美 田村拓也 林口勲
冨士川義晃 宮下幸士 MEIRI 森田郷士 山﨑菜那 山本愛 吉川秀昭

カテゴリー: 開催中の展示会 | You´ve Got a Friend はコメントを受け付けていません。

PAGE TOP