カテゴリー別アーカイブ: これからの展示会

EXHIBITIONS

2018年12月1日(土)

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 作品募集2018 授賞式

時間 : 13:30-16:00(13:00開場)
会場 : 渋谷ヒカリエ9階ヒカリエホール ホールB
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9F
定員 : 230名(応募者多数の場合は抽選)
要事前申込/全席自由/観覧無料
情報サポート 手話通訳/要約筆記/車いす鑑賞/補助犬同伴
主催 : 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
協力 : 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
お問い合わせ先 :
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS「作品募集」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
国際障害者交流センター ビッグ・アイ内
TEL 072-290-0962/FAX 072-290-0972
Eメール contest@diversity-in-the-arts.jp

映画『地蔵とリビドー』の上映や山下完和、中津川浩章によるトークセッション「表現せざるを得ない人たちの日常」も開催

映画「地蔵とリビドー」上映
日時:2018年12月1日(土)15:00-16:00
切実なる表現欲求、抑えきれない衝動。最前衛のアーティストたち。
知的障害や精神疾患のあるアーティストたちによる創作物の魅力を紹介するドキュメンタリー映像作品。滋賀県にある障害者施設「やまなみ工房」に通所する人たちのユニークな創作スタイルや、工房で過ごす彼らの日常の様子を約一年間取材して製作。彼らの作品が海外で高い評価を受ける理由は?アウトサイダーアートに造詣の深いジャーナリストや美術関係者へのインタビューのほか、障害のあるアーティスト自らが語る“精神状態と創作の関係性“など、彼らの切実な表現欲求の根源を探る。
(監督:笠谷圭見/2018年/62分/日本/日英字幕付)

カテゴリー: これからの展示会 | 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 作品募集2018 授賞式 はコメントを受け付けていません。

2018年12月5日 (水)‐9日(日) 

「ここから3 ~障害・年齢・共生を考える5日間」展

時間 : 水木日/10:00‐18:00 金土10:00‐20:00
会場 : 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
URL https://www.kokokara-ten.jp/

入場料 : 無料
主催 : 文化庁
共催 : 国立新美術館
お問い合わせ先 : 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

本展は、文化庁主催により、平成28年10月に開催した「ここから―アート・デザイン・障害を考える3日間―」展と、平成30年3月に開催した「ここから2―障害・感覚・共生を考える 8 日間」展を継承する展覧会です。3 回目の開催となる今回は、「障害・年齢・共生を考える」をテーマとし、年齢については「エイジ/レス」をサブキーワードとしました。障害や年齢を超越して、ものをつくることについて考え、また同じ場に集って展示を見ることにより、アートを通じて共生社会を考える機会となるよう企画するものです。また、「障害者週間」と会期を重ねることで、共生社会への関心や理解がより深まることを期待しています。本展では、障害のある方たちが制作した魅力ある作品と、文化庁メディア芸術祭の受賞作などから選ばれたマンガ、アニメーション作品や、参加型のメディアアート作品等を展示し、ワークショップや監修者によるトークなどのイベントも併せて行います。障害のある方やご家族、あらゆる人々が気軽に楽しみ、そこから新たな意識につながることを願っています。

やまなみ工房出展作家 : 大路裕也/熊田史康

カテゴリー: これからの展示会 | 「ここから3 ~障害・年齢・共生を考える5日間」展 はコメントを受け付けていません。

2018年11月28日(水) -2019年4月28日(日)

Art Brut from Japan, Another Look

オープニング : Thursday 29 november 2018, 6:30pm
会場 : Collection de l’Art Brut
11, av. des Bergières CH – 1004 Lausanne
Tél. +41 21 315 25 70 Fax +41 21 315 25 71

Art Brut from Japan, Another Look features works by twenty-four Art Brut creators who are working in Japan today. It comes as a follow-up to Art Brut from Japan, the first-ever exhibition of this kind of art outside Japan, which was presented at the Collection de l’Art Brut in 2008. Since then, the impact and influence of that groundbreaking exhibition have been considerable, and Art Brut from Japan has been shown at art centers, museums, galleries, and art fairs in Europe and North America, as well as in notable exhibitions within Japan.

As the phenomenon of Art Brut has become better known within Japan, the works of local creators have gained media attention there, but misunderstandings about the history and nature of this kind of art also have emerged among the general public. At the same time, because very little market infrastructure exists in Japan for the sale and distribution of works made by Japanese creators of Art Brut, direct access to this kind of art has been limited. Art lovers outside Japan have found it difficult to acquire their works.

Making such remarkable creations enticingly available again, the exhibition Art Brut from Japan, Another Look showcases a wide variety of works in different media by Japanese creators, including paintings, drawings, ceramic sculptures, mixed-media assemblages, and more. These artworks will be shown in a European museum for the very first time. As this new exhibition demonstrates, genuine Art Brut from Japan is being produced today by a wide range of individuals, young and old, urban and rural. What their creations have in common is that they are all produced on the margins of mainstream society and culture, even if they sometimes reflect subjects or influences from popular culture and the mainstream.

Curated by Edward M. Gómez, a specialist in Japanese art and culture, and the senior editor of Raw Vision, the international magazine about Art Brut and Outsider Art, Art Brut from Japan, Another Look brings our understanding of contemporary Japanese creators in this field up to date. As Gómez observes in the exhibition’s bilingual, French-and-English catalog, this revealing exhibition “draws upon a deeper understanding of the particular social and historical conditions, and of the critical context […] in which Japanese Art Brut creators have produced their works.” This exhibition, he notes, has emerged out of all-new, independent relationships developed by the Collection de l’Art Brut with institutions, artists, collectors, and other sources both within and outside Japan. As Sarah Lombardi, the museum’s director, also points out in the catalog, Art Brut from Japan, Another Look “broadens our vision of Japan’s culture by introducing us to works that are at once sophisticated, amusing, powerful, inventive, and dissident.”

Curator: Edward M. Gómez, in collaboration with Sarah Lombardi

出展作家 : 井村ももか/岡元俊雄/鎌江一美/竹中克佳/田村拓也/山﨑菜那

カテゴリー: これからの展示会 | Art Brut from Japan, Another Look はコメントを受け付けていません。

2018年11月23日(祝・金)‐25日(日)

エイブル・アート近畿2018「ひと・アート・まち」 @大阪

開館時間 : 10:00~17:00 *25日は16:00で終了
会場 : 難波神社
〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4丁目1番3号
TEL : 06-6251-8000 FAX : 06-6251-5110
休館日 : 土日、祝祭日
観覧料 : 無料
主催 : 近畿労働金庫
企画・運営 : 一般財団法人たんぽぽの家
後援 : 大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、一般社団法人大阪労働者福祉協議会、大阪府生活協同組合連合会、全労済大阪推進本部、社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、社会福祉法人大阪市社会福祉協議会、朝日新聞社、毎日新聞おおさか支局、読売新聞社、産経新聞社、NHK大阪放送局
協力 : 難波神社、URBAN RESEARCH DOORS 南船場店、大阪ぐりぐりマルシェ/谷町空庭、社会福祉法人わたぼうしの会、NPO法人エイブル・アート・ジャパン、ネオライト工業株式会社
お問い合わせ :
エイブル・アート近畿事務局
一般財団法人たんぽぽの家[担当:岡部]
630-8044奈良市六条西3-25-4
TEL0742-43-7055  FAX0742-49-5501
E-mail ableart@popo.oer.jp http://tanpoponoye.org

この晩秋、大阪・南船場の難波神社を舞台に、祝祭のアート、クラフトが集まります。
障がいのある人たちが生活のあらゆるところに美を見出す感覚は、わたしたちが古来から生活のなかに「やおよろずの神」を見出してきた感覚と重なります。
日々をていねいに重ねながら生み出されたアート【エイブル・アート展】やものづくり、おおいなる自然の恵みから生まれた野菜など【やおよろずマルシェ】、日常を彩る文化【パフォーマンス・ワークショップ】を体験できます。ぜひご来場ください!

○エイブル・アート展
近畿2府4県から、ユニークなアート、クラフトが集まります。気に入った作品はその場で購入できます。また、難波神社のあちこちに巨大な「絵馬」が出現。さまざまな願いのこもったアートをお楽しみください!
会期:11月23日(金・祝)‐25日(日)10:00〜17:00 ※25日(日)は16:00に終了
会場:難波神社 集会室

○やおよろずマルシェ
難波神社でおなじみのオーガニックマルシェ「ぐりぐりマルシェ」とコラボ!これぞ逸品のものづくりやこだわりの野菜、フード、ドリンクなどが登場。障がいの有無を超えて、作者や団体と交流できるマルシェを開催します。
会期:11月25日(日)10:00-16:00
会場:難波神社 境内

○パフォーマンス・ワークショップ
パフォーマンスやワークショップで盛り上がります。和歌山から話題のちんどんチームも登場!
※参加団体、スケジュールなどの詳細は11月初旬に近畿ろうきんHP https://www.rokin.or.jp で公開します。
会期:11月25日(日)10:00-16:00
会場:難波神社 境内

カテゴリー: これからの展示会 | エイブル・アート近畿2018「ひと・アート・まち」 @大阪 はコメントを受け付けていません。

2018年11月17日(土)‐11月23日(金)

地蔵とリビドー展

会場:TRUNK (HOTEL)  トランクホテル

https://trunk-hotel.com

東京都渋谷区神宮前5丁目31 1F  ROOM101


開催期間 : 2018年11月17日(土)‐11月23日(金) 9:00〜23:00

「やまなみ工房」の作品展を TRUNK(HOTEL)のROOM101にて開催します。

また、ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』も

シアター・イメージフォーラムにて公開中。

併せてご覧いただくことで、より理解を深めていただける内容となっています。

〈 入場無料 〉

 

カテゴリー: これからの展示会 | 地蔵とリビドー展 はコメントを受け付けていません。

2018年11月30日(金)‐2019年4月28日(日)

Art Brut du Japon, Un autre regard

Collection de l’Art Brut
11, av. des Bergières CH – 1004 Lausanne
Vernissage public
jeudi 29 novembre 2018, 18h30
Publication
Visites sur demande
Pour groupes (dès 4 ans) et classes : visites sur demande (en français, allemand, anglais et italien)
Accessibilité
L’exposition. Art Brut du Japon, un autre regard est accessible aux personnes à mobilité réduite.
CONTACT
Collection de l’Art Brut
11, av. des Bergières
CH – 1004 Lausanne
Tél. +41 21 315 25 70
Fax +41 21 315 25 71

Cette exposition présentera les travaux de nouveaux auteurs japonais, suite à une première exposition en 2008 au musée, consacrée à l’Art Brut japonais, qui avait réuni des œuvres de 12 créateurs issus d’ateliers pour personnes handicapées situés dans la préfecture de Shiga.
L’idée d’une nouvelle manifestation consacrée à ce thème est apparue à la suite d’un voyage de la directrice au Japon en 2014, afin de donner une conférence sur l’Art Brut. Cette occasion a donné lieu à des recherches et des découvertes.
L’exposition réunira 24 auteurs dont les œuvres – dessins, peintures, photographies, productions textiles et sculptures – proviennent de diverses régions du Japon. Certains de ces auteurs sont issus d’ateliers, d’autres sont représentés par des galeries ou produisent de manière totalement indépendante, permettant ainsi de représenter un large choix de productions d’Art Brut nippones.
Commissariat : Edward M. Gómez, critique d’art, commissaire d’exposition et spécialiste de l’Art Brut au Japon, et Sarah Lombardi.
L’exposition est accompagnée d’un catalogue bilingue (français/anglais, co-édition Collection de l’Art Brut /5 Continents), accompagné d’une édition en japonais publiée par Kokusho Kankōkai (Tokyo).

やまなみ工房出展作家 : 井村ももか/岡元俊雄/鎌江一美/竹中克佳/田村拓也/山﨑菜那

カテゴリー: これからの展示会 | Art Brut du Japon, Un autre regard はコメントを受け付けていません。

PAGE TOP