作成者別アーカイブ: admin

EXHIBITIONS

2019年09月21日 (土)‐2019年11月24日(日) 

ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび

開催時間 : 11:00~17:00
会場 : ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
(近江八幡市永原町上16)+近郊5会場(奥村家住宅・岡田家、まちや倶楽部、尾賀商店、寺本邸、展望館)
 休館 : 月曜日(祝日の場合は翌日)
入場料 : <全館チケット> 一般1,000円(900円)、高大生900円(800円) <一館チケット> 300円 ※中学生以下無料 ※障害のある方と付添者1名無料 ※( )内は20名以上の団体料金  チケットはNO-MAと白雲館で販売しています(会期中)。
主催 : アール・ブリュット魅力発信事業実行委員会
構成団体:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(社会福祉法人グロー[GLOW])、滋賀県、滋賀県立近代美術館、近江八幡市、一般社団法人近江八幡観光物産協会、国立大学法人滋賀大学、NPO法人はれたりくもったり、滋賀県施設・学校合同企画展実行委員会
お問い合わせ先 : ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
近江八幡市永原町上16
Tel/Fax 0748-36-5018
E-mail no-ma[ at ]lake.ocn.ne.jp

やまなみ工房出展作家 : 酒井美穂子

カテゴリー: 開催中の展示会 | ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭 ちかくのたび はコメントを受け付けていません。

2019年10月17日(木)‐10月20日(日)

out sider art fair 2019 paris

Outsider Art Fair Paris
7th Edition
October 17-20, 2019

Atelier Richelieu
60, rue de Richelieu
75002 Paris

Hours:
Thursday, October 17th:
Early access (by invitation): 2:00 – 6:00 PM
Vernissage: 6:00 – 9:30 PM

Friday, October 18th: 11:00 AM – 10:00 PM Saturday, October 19th: 11:00 AM – 8:00 PM Sunday, October 20th: 11:00 AM – 6:00 PM

https://www.outsiderartfair.com/paris

やまなみ工房出展作家 : 大家美咲/中川ももこ/宮下幸士/森雅樹/吉川秀昭

カテゴリー: これからの展示会 | out sider art fair 2019 paris はコメントを受け付けていません。

2019年9月7日(土) – 2019年10月27日(日)

現代 アウトサイダーアート リアル − 現代美術の先にあるもの

会場 : GYRE GALLERY GYRE 3F 東京都渋谷区神宮前5-10-1
開館時間 : 11:00-20:00
観覧料 : なし
主催 : 一般社団法人 Arts and Creative Mind
展覧会総合キュレーター・プロデューサー : 杉本志乃 (一般社団法人Arts and Creative Mind 代表理事・ACM Gallery ディレクター)
アートディレクション : ヒロ杉山 (京都造形大学客員教授、Enlightenment 代表)
写真 : 猪原悠
事務局 : 萩中華世 (一般社団法人 Arts and Creative Mind 理事)
助成 : 日本財団 ・アーツカウンシル東京(Tokyo Tokyo Festival 採択事業)
提携 : GYREビル
協賛 : プレミアムワイン株式会社
協力 : ACM Gallery 、HiRAO INC 、Enlightenment 、服部正(甲南大学)、山下陽一(椎の木会)、池谷正晴(第二栗東なかよし作業所)、加藤秀樹(構想日本)、capacious(大阪)、北海道アール・ブリュットネットワーク協議会、株式会社アイム

オリンピック・パラリンピックを目前に、近年国内でもにわかに注目を浴び始めた、アウトサイダーアート、アール・ブリュット。既存の西洋美術史の規範を離れた場所で制作されるこれらの表現には、必然的に心身に障がいのある作家が多く含まれ、保護促進すべきものとして、日本では福祉の文脈で語られることが多い。しかし、世界的には、コンセプト重視の現代美術と対をなす一つの概念として、精神的な面から美術を再考する大きな潮流として注目される。

表現することが生きることと直結し、時に一人だけの世界で制作をする障がいのある人々。それは、人が表現することとは何かを問うている。しかしながら、創作物が『作品』として世の中に出てくるには、常に第三者の深い関与が必要とされる。この展覧会がその役割を担い、現代の日本で活発に活動する36名の作品を厳選してご紹介する。さらに、この分野の芸術がどのようにして発見され発信されてきたかを振り返る。そして、従来の位置付けに留まらない、人間の本能に働きかける、彼らのアートの無限の可能性を見つめ、21世紀にふさわしい多様なアートの世界をご堪能頂ければ幸いです。

やまなみ工房出展者 : 井上優/岡元俊雄/大家美咲/城谷明子/中尾涼

カテゴリー: 開催中の展示会 | 現代 アウトサイダーアート リアル − 現代美術の先にあるもの はコメントを受け付けていません。

2019年8月31日(土)〜10月5日(日)

japon brut – la lune, la soleil, yamanami

開館時間 : 14:00 – 19:00(日・月・休み)
休館日 : 日、月曜日
主催 : Christian Berst Art Brut
協力 : Yukiko Koide Presents
場所 : Christian Berst Art Brut
3-5, passage des gravilliers
75003 Paris France

https://www.christianberst.com/en/exhibition/japon-brut.html


出展作家 : 鵜飼結一朗/大路裕也/鎌江一美/河合由美子/中川ももこ/宮下幸士/森雅樹/森田郷士/吉川秀昭  

カテゴリー: 開催中の展示会 | japon brut – la lune, la soleil, yamanami はコメントを受け付けていません。

2019年7月27日(土) - 2019年11月10日(日)

わくわくなおもわく

会場 : はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)
休館日 : 火曜休館 ※8.16(金)、8.23(金)、8.30(金)のみ20:00まで開館
開館時間 : 10:00~18:00
観覧料 : 一般500円、65歳以上250円、高校生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付添いの方(1名まで)無料
  主催 : 社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
協力 : ART MAMA FOUNDATION、unico、NPO法人スウィング、公益財団法人諸橋近代美術館、社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房、Book!Book!AIZU実行委員会、わらじの会
後援 : 福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、あさかホスピタルグループ
お問い合わせ先 : はじまりの美術館 
〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町新町4873 TEL/FAX 0242-62-3454

世の中の「作品」といわれるものには、一人で制作したもの、誰かに手伝ってもらい制作したもの、誰かと制作したものなど様々な制作過程があります。

アーティストのなかにはユニットやチームなど、個人ではなく複数人で制作をすることを前提に活動している方々もいます。障がいのあるアーティストも一人ですべて完結して制作する方もいれば、支援者が様々なサポートをしたり、作品としての完成を周りの人が決めたりする場合もあります。

また、モノとしての作品ではなく、その場に集う人たちの多種多様な振るまいを表現として作品と捉えたり、特定のコミュニティが創造的な場として注目を集めることもあります。誰かと制作したり、いろんな人たちが関わった制作や場所は、ときに想像を超えたものを生み出します。

今年6月、はじまりの美術館は5周年を迎えました。
 
振り返ると、この美術館もここで働くスタッフはもちろん、出展いただいたアーティストの方々、地域の方々、ご来館いただいた方々、さまざまな人たちが関わって、5年間活動してきました。いろんな人達の、この場所を面白い場所にしたいという想いを想像した時、「わくわくなおもわく」という名前が浮かびました。

本展ではこの美術館のように、誰かと誰かの「わくわくなおもわく」によって生まれた作品や取り組みをご紹介します。ユニークな作品や心動かされる取り組みによって、見に来ていただいた方々の気持ちを刺激し、いろいろなおもわくが新しい何かを生み出すきっかけになればと願います。

やまなみ工房出展作家:大路裕也

カテゴリー: 開催中の展示会 | わくわくなおもわく はコメントを受け付けていません。

2019年8月16 日(金)-8月26日(月)

川内倫子 写真展 いのちといのち ー やまなみ工房のいとなみ

開館時間 : 11:00-21:00

会場 : HOTEL ANTEROOM KYOTO (GALLERY 9.5)
京都市南区東九条明田町7番
(JR京都駅八条東口より徒歩15分/地下鉄烏丸線九条駅より徒歩8分)

TEL: 075-681-5656  https://hotel-anteroom.com/

※入場無料
 
 

————– TALK SESSION ————–

2019年8月17日(土) 17:00〜18:30

川内倫子(写真家)×山下完和(やまなみ工房施設長)
司会:丹治史彦(『ラ コリーナ』ディレクター)

会場 : HOTEL ANTEROOM KYOTO(ANTEROOM BAR)
京都市南区東九条明田町7番

※入場無料/予約不要/公共交通機関をご利用下さい

——————————————————–

 

写真家・川内倫子が〈やまなみ工房〉を訪ね、日々のいとなみを記録した約一年間が、
冊子『ラ コリーナ』14号(たねやグループ発行)としてまとめられました。
収録された全点と本展のために新たに撮影された映像、
やまなみ工房の作品もあわせて展示します。 ぜひお気軽にご来場ください。

カテゴリー: これまでの展示会 | 川内倫子 写真展 いのちといのち ー やまなみ工房のいとなみ はコメントを受け付けていません。

2019年7月18日(木)‐ 2019年7月28日(日)

「地蔵とリビドー」展

会場 : TOBICHI2
東京都港区南青山4-28-26
休館日 : なし
開館時間 : 11:00-19:00
観覧料 : なし

会期中は連日、19時30分~20時30分のスケジュールでやまなみ工房のドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』を上映します。(入場料1,000円※正己地蔵一体月付)
初日18日(木)の上映終了後には笠谷圭見監督と山下完和のアフタートークを開催(30分の予定)。
皆様是非ご覧ください!!
https://www.1101.com/tobichi/tokyo/exhibition/detail/?p=4960

カテゴリー: これまでの展示会 | 「地蔵とリビドー」展 はコメントを受け付けていません。

2019年8月24 日(土)-8月25 日(日)

DISTORTION3 2020 SS IN KYOTO

会場 : しまだいギャラリー
〒604-0844 京都府京都市中京区御池通東洞院西北角
TEL: 075-221-5007 FAX: 075-861-3612
http://shimadai-gallery.com
開館時間 : 11:00-19:00
※入場無料・予約不要
※ 試着可・受注オーダー制

PR-y × やまなみ工房 × NUDE:MMによるファッションレーベル『DISTORTION3』の2020春夏コレクション展示・受注会が開催されます。
メンズ・レディースともに最新コレクション全アイテムをご覧いただけます。当日は洋服に使用されたやまなみ工房の絵画作品と、DISTORTIONシリーズの写真集・書籍・DVDの販売も行います。是非お気軽にご来場ください。

やまなみ工房出展作家 : 鵜飼裕之/小川翔陽/勝間陽介/城谷明子/中川ももこ/藤木敦人

カテゴリー: これまでの展示会 | DISTORTION3 2020 SS IN KYOTO はコメントを受け付けていません。

2019 年7月13日(土)‐8月25日(日)

アール・ブリュット展 in テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り 

開館時間 : 10:00-19:00
会場 : テレビ朝日本社1F、7Fの壁面4カ所
六本木6丁目9−1
主催 : テレビ朝日
特別協力 : 森ビル
問い合わせ : 社会福祉法人 愛成会 法人企画事業部
〒164-0001 東京都中野区中野5-26-18  TEL03-5942-7259

やまなみ工房出展作家 : 岡元俊雄

カテゴリー: これまでの展示会 | アール・ブリュット展 in テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り  はコメントを受け付けていません。

2019年7月14日(日)―2019年7月16日(火)

「LOVE LOVE LOVE LOVE展 プレイベント-愛することは、つくること」

時間:1000-1900(最終日は1700まで)※入場は閉場の30分前まで
会場:東京ミッドタウン・ホールA
東京都港区赤坂9-7-2(ミッドタウン・イースト B1F)
入場料:無料
主催:日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
お問い合わせ先:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-3-5 NBF渋谷イースト1
第一営業本部第一プロデュース部内
TEL:03-4577-2077
FAX:03-5778-4747
MAIL:info@lovelovelovelove.jp

 やまなみ工房出展者:井村ももか/岡元俊雄/清水千秋

 

カテゴリー: これまでの展示会 | 「LOVE LOVE LOVE LOVE展 プレイベント-愛することは、つくること」 はコメントを受け付けていません。

2019年06月29日(土) -2019年06月30日(日)

「幸せに向かう表現展―やまなみ工房のアーティストたち―」

時間 : 10:00-16:00
会場 : 新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ ギャラリー
新潟市中央区一番堀通町3-2
休館日 : なし
入場料 : 無料
主催 : 社会福祉法人 新潟市社会福祉協議会

お問い合わせ先 : 社会福祉法人 新潟市社会福祉協議会 地域福祉課
〒950-0909 新潟市中央区八千代1丁目3番1号 新潟市総合福祉会館内
TEL:025-248-7168(直通)
E-mail:info@syakyo-niigatacity.or.jp

イベント : 展覧会を彩るイベント
●「やまなみ工房のアーティストたち」
6月29日(土)  PR-y笠谷圭見氏 やまなみ工房山下完和氏による対談
14:30‐15:30 参加無料定員30名 要申込み

●「表現活動と幸せ」
6月30日(日) 新潟市社協川上修史氏 やまなみ工房山下完和氏による対談
14:00-15:00 参加無料定員30名 要申込み

●「ギャラリートーク」
6月29日30日 やまなみ工房支援員 棡葉朋子 小西康文 中島尚美
①11:00~ ②13:00~ ③15:00~ 参加無料 申し込み不要

やまなみ工房出展作家 : 井上優/井村ももか/鵜飼結一朗/榎本高士/大路裕也/大原菜穂子/岡元俊雄/鎌江一美/河合由美子/酒井美穂子/清水千秋/KATSU/田中乃理子/田村拓也/中尾涼/西出貴人/林口勲/三井啓吾/宮下幸士/三好直也/森雅樹/森田郷士/山際正己/山﨑菜那/吉川秀昭/吉田陸人

カテゴリー: これまでの展示会 | 「幸せに向かう表現展―やまなみ工房のアーティストたち―」 はコメントを受け付けていません。

2019年5月15日(水)‐5月26日(日)

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 2018

会場 : Bunkamura Gallery/Wall Gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL 03-3477-9174
https://www.bunkamura.co.jp/gallery/
開館時間 : 10:00-19:30
観覧料 : なし

主催 : 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
共催 : 社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団(横浜会場)
協力 : 国際障害者交流センター ビッグ・アイ、Bunkamura(東京会場)
お問い合わせ先 : 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
国際障害者交流センター ビッグ・アイ 内
TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972

本展では、2018年度から始動した「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 2018」において、国内外より届いた2,256点の作品から選ばれた85点を渋谷で、65点を横浜で展示します。

8名の審査員が、各々の領域の知見で選んだ作品の数々。絵画、写真、書、造形など、多彩な表現に込められた作家達のメッセージをダイレクトに体感できる展覧会です。既成概念や美術史、権威などに影響されない、その独特な表現にきっと心揺さぶられます。

 

【審査員】
秋元 雄史あきもとゆうじ (東京藝術大学大学美術館館長・教授/練馬区立美術館館長)
上田うえだ バロン(FR/LAME MONGER代表/イラストレーター)
エドワード M. ゴメズ(RAW VISION 主任編集者)
藏座 江美ぞうざえみ (一般社団法人ヒューマンライツふくおか 理事)
中津川 浩章なかつがわひろあき (美術家/アートディレクター)
永野 一晃ながのいっこう (写真家)
望月 虚舟もちづききょしゅう (書家)
森井 あす香もりいあすか (Altruart, Inc. New York ファウンダー)
(敬称略、氏名五十音順)

【展示会アートディレクター】
中津川 浩章(美術家/アートディレクター)

出展作家:井上優/岩瀬俊一/鵜飼結一朗/栗田淳一/城谷明子/竹中克佳/林口勲/山﨑菜那

カテゴリー: これまでの展示会 | 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 2018 はコメントを受け付けていません。

April 22 through June 6, 2019

2018 Wynn Newhouse Awards Exhibition

会場 : Louise and Bernard Palitz Gallery
Syracuse University Lubin House 11 E 61 St, NYC

The annual Wynn Newhouse Awards exhibition runs April 22 through June 6 at the Palitz Gallery, located in Syracuse University’s Lubin House at 11 East 61st St., New York City. The exhibition was created to draw attention to the achievements of artists of excellence who have disabilities.

Sponsored by the Samuel I. Newhouse Foundation, the 2018 grant winners include Rachel Fein-Smolinski, Emilie Gossiaux, Kazumi Kamae, Alma Leiva, jes sachse, and Sandie Yi. The work of these artists encompasses drawings, paintings, ceramics, video, and site-specific installations.

Nominees and winners of the Wynn Newhouse Awards are chosen by a committee, composed of persons respected in the arts and disabilities communities, who review all submissions, as well as decide how the grant money will be dispersed among the artists. The selection committee for this year’s awards was comprised of: Sara Felice, Point of Contact Gallery; Carrie Moyer, artist and faculty Hunter College; Jane Kaplowicz Rosenblum, artist; and Alice Sheppard, artist and 2015 awardee.

Monday – Friday 10 a.m.- 6 p.m.
Saturday 11 a.m. – 4 p.m.
Closed Sundays, University Holidays, and Memorial Day Weekend
Learn more at nyc.syr.edu

やまなみ工房出展者 : 鎌江一美

カテゴリー: これまでの展示会 | 2018 Wynn Newhouse Awards Exhibition はコメントを受け付けていません。

2019年5月11日(土) – 2019年9月1日(日)

これをすることで、私は幸せである。~滋賀県やまなみ工房の、世界が認める歩み~

会場 : にしぴりかの美術館
宮城県黒川郡大和町吉岡字館下47
休館日 : 木曜日
開館時間 : 11:00-17:30
観覧料 : なし
お問い合わせ先 :にしぴりか美術館
〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館47
TEL : 070-5011-0028 FAX : 022-343-7077
Mail : info@nisipirica

関連企画 : 「地蔵とリビドー」上映会
6月1日(土)16:45~17:50
上映協力金1,000円 (事前予約)優先30名定員

やまなみ工房出展者 : 井上優/岩瀬俊一/岡元俊雄/神山美智子/清水千秋/竹中克佳/田中睦美/田村拓也/林口勲/森田郷士

カテゴリー: これまでの展示会 | これをすることで、私は幸せである。~滋賀県やまなみ工房の、世界が認める歩み~ はコメントを受け付けていません。

2019年4月10日(水) – 2019年5月31日(金)

シンクロニシティじゃ! Synchronicity Vol.2

会場 : ACM GALLERY
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-11 福隆ビル1F
TEL&FAX : 03-6809-0082
休館日 : 火曜日
開館時間 : 12:00-19:00
観覧料 : なし
お問い合わせ先 : 一般社団法人 ARTS AND CREATIVE MIND
ACM GALLERY
www.aacm.tokyo
代表理事(Founder/Director) :
杉本志乃(Shino Sugimoto)
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-11 福隆ビル1F
TEL&FAX : 03-6809-0082

「シンクロニシティ」と聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょう?シンクロニシティとは「意味のある偶然」。それは、私たちの意思とは別の次元で、人と人、人ともの、人と場所をつなぐもの。ずっとずっと昔の私たちが大切にしていた感覚。今回Vol.1 Vol.2に渡ってご紹介する8人の作家が生み出す作品は、私たちがいつしか失ってしまった原初の感覚を思い出させます。
こうしてこの文章を読んでいるあなた。この出会いとこれからあなたがする選択は、シンクロニシティによるものなのかもしれません。シンクロニシティとは?必然であることを疑わない。すべては繋がっている。この展覧会が、あなたにとって不思議で、そして、とても素敵な出会いになることを祈りつつ、皆様のご来場をお待ちしております。

やまなみ工房出展者 : 岡元俊雄/井上優/山際正己/宮下幸士

カテゴリー: これまでの展示会 | シンクロニシティじゃ! Synchronicity Vol.2 はコメントを受け付けていません。

2019年3月21日(木祝) -3月24日(日)

「おやこ・de・アート展 2019」in 立川

会場 : 立川市子ども未来センター
〒190-0022立川市錦町3丁目2番26号
休館日 : なし
開館時間 : 11:00-18:00 21日(日)のみ21:00まで
観覧料 :無料
主催 : Nomad Art ノマドアート
協力 : 社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房
お問い合わせ先 : 非営利芸術活動団体 Nomad Art ノマドアート
〒190-0022 東京都立川市錦町3-2-26
立川市子ども未来センター 2階 協働事務室

出展作家:榎本高士

カテゴリー: これまでの展示会 | 「おやこ・de・アート展 2019」in 立川 はコメントを受け付けていません。

2019年3月8日(金)- 3月21日(木)

表現する日々‐アールブ・リュット展‐

開館時間 : 11:00~23:00
会場 : レストラン潮
滋賀県湖南市夏見789
休館日 : 月曜日
入場料 : 無料
主催 : 湖南市
企画・制作・お問い合わせ : 特別非営利法人はれたりくもったり
滋賀県湖南市若竹1-6 TEL0748-75-2297
協力団体 : 社会福祉法人しがらき会信楽青年寮、社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房

やまなみ工房出展者/岡元俊雄

カテゴリー: これまでの展示会 | 表現する日々‐アールブ・リュット展‐ はコメントを受け付けていません。

2019年3月9日(土)- 3月17日(日)

アール・ブリュット@高岡4~気の実 生のまま~

開館時間 : 9:30~17:00 (入館は16:30まで)
会場 : 高岡市美術館 地下1階 市民ギャラリー
〒933-0056 富山県高岡市中川1丁目1番30号
TEL:0766-20-1177  FAX:0766-20-1178
入場料 : 無料
主催 : 高岡市
共催 : NPO法人障害者アート支援工房ココペリ、東海・北陸ブロック障害者芸術文化活動広域支援センター
後援 : 富山県、北日本新聞社、(株)チューリップテレビ、高岡市手をつなぐ育成会、医療法人明心会柴田病院、富山県』障がい者芸術活動支援センターばーと◎とやま
協力 : 社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房、金沢アート工房、社会福祉法人新川むつみ園、NPO法人ぽけっと、社会福祉法人中越福祉会みのわの里ゆうあい、社会福祉法人さふらん会さふらん生活園、サポートセンターぶらっと

問い合わせ : NPO法人障害者アート支援工房ココペリ
〒933-01115 富山県高岡市伏木古府元町2-5
Mail : npococopelli@gmail.com

やまなみ工房出展者 : 三井啓吾/吉川秀昭

 

~イベント~
ドキュメンタリー映画「地蔵とリビドー」
上映会後トークショー
笠谷圭見(監督)、山下完和(やまなみ工房施設長
米田昌功(富山県障害者芸術活動支援センターばーと◎とやま代表)
日時 : 3月13日(水) 18:45~
会場 : 高岡文化ホール
※上映を観覧の際には、入場料が必要となります。詳しくはばーと◎とやまHPにて

カテゴリー: これまでの展示会 | アール・ブリュット@高岡4~気の実 生のまま~ はコメントを受け付けていません。

2019年2月26日(火)‐ 2019年3月3日(日)

旧青木家那須別邸 ART369プロジェクト×もうひとつの美術館

開館時間 : 9時~16時30分まで(最終日の展示は15時30分まで)
会場 : 旧青木家那須別邸
那須塩原市青木27番地
道の駅「明治の森・黒磯」
入場料 : 入場料は無料ですが、別途、旧青木家那須別邸の観覧料が必要です。
【大人】200円【小中学生】100円【障害者手帳を提示の方】無料
【手帳に第1種、第1級の記載のある方】同伴者1名も無料
問い合わせ : 所属課室:企画部企画政策課
TEL:0287-62-7106

150年ほど前、明治の開拓者たちは当時未開の地であった那須野が原を耕して来ました。その開拓の歴史を静かに語る、旧青木家那須別邸(国指定重要文化財)にて、2019年春、「ART369プロジェクト」が始まります。

「ART369プロジェクト」のコンセプトは、「ひらく・うるおす・つなぐ」。
今回は、“もうひとつの美術館”の収蔵作品から選りすぐりの作品を紹介します。

この開催を通して、既成の枠にとらわれない、障がいのある方々の多彩な作品が、開拓の歴史のように、ひとを啓き、まちを拓き、心を潤し、那須塩原市の新たな魅力の発見・発信につながるきっかけとなれば幸いです。

やまなみ工房出展作家/山際正己

カテゴリー: これまでの展示会 | 旧青木家那須別邸 ART369プロジェクト×もうひとつの美術館 はコメントを受け付けていません。

2019 年3月6日(水)‐10日(日)

3331 ART FAIR 2019

開館時間 : 3月6日(水)[ファーストチョイス]
14:00 - [一般公開] 17:00 - 20:00
3月7日(木)~ 9日(土)12:00 - 20:00
3月10日(日)12:00 - 18:30※会期中の最終入場は閉場30分前まで
休館日 : なし
会場 : 3331 Arts Chiyoda 1F メインギャラリー
2F 体育館、B1F・2F 教室エリア、屋上
〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14
TEL : 03-6803-2441 (代表)
FAX : 03-6803-2442
入場料 : 一般1,500円(入場券のみ) 1,700円(ガイドブック付入場券)
シニア(65歳以上) ・学生1,300円
※期間中再入場可 ※教室エリア無料 ※高校生以下無料 ※千代田区民は身分証明書のご提示で無料 ※障害手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
東京アートパスポート6,500円(税込)

※「3331 ART FAIR 2019」「アートフェア東京2019」「ART in PARK HOTEL TOKYO 2019」をお得に周遊する共通入場券です。特別協力美術館の特典付。 ご購入はこちらから イープラス
主催 : 3331 Arts Chiyoda
問い合わせ : 3331 ART FAIR
〒101-0021
東京都千代田区外神田6丁目11-14
TEL : 03-6803-2441 (代表)
FAX : 03-6803-2442

やまなみ工房出展作家 : 岩瀬俊一/竹中克佳/岡元俊雄/鎌江一美/竹中克佳/宮下幸士/吉川秀昭/山際正己 他

カテゴリー: これまでの展示会 | 3331 ART FAIR 2019 はコメントを受け付けていません。

2019年2月6日(水) – 2019年3月24日(日)

シンクロニシティじゃ! Vol.1 Synchronicity Vol.1

会場 : ACM GALLERY
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-11 福隆ビル1F
TEL&FAX : 03-6809-0082
休館日 : 月、火曜日
開館時間 : 12:00-19:00
観覧料 : なし
お問い合わせ先 : 一般社団法人 ARTS AND CREATIVE MIND
ACM GALLERY
www.aacm.tokyo
代表理事(Founder/Director) :
杉本志乃(Shino Sugimoto)
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-4-11 福隆ビル1F
TEL&FAX : 03-6809-0082

「シンクロニシティ」と聞いてあなたは何を思い浮かべるでしょう?シンクロニシティとは「意味のある偶然」。それは、私たちの意思とは別の次元で、人と人、人ともの、人と場所をつなぐもの。ずっとずっと昔の私たちが大切にしていた感覚。今回Vol.1 Vol.2に渡ってご紹介する8人の作家が生み出す作品は、私たちがいつしか失ってしまった原初の感覚を思い出させます。

こうしてこの文章を読んでいるあなた。この出会いとこれからあなたがする選択は、シンクロニシティによるものなのかもしれません。シンクロニシティとは?必然であることを疑わない。すべては繋がっている。この展覧会が、あなたにとって不思議で、そして、とても素敵な出会いになることを祈りつつ、皆様のご来場をお待ちしております。

出展者 : 城谷明子/清水千秋/大家美咲/中尾涼

カテゴリー: これまでの展示会 | シンクロニシティじゃ! Vol.1 Synchronicity Vol.1 はコメントを受け付けていません。

2019年2月1日(金)-2月11日(月)

「めぐるアートをめぐる」展

開館時間 : 12:00-19:00
会場 : 京都場(きょうとば)京都市中京区西ノ京南聖町6-5
入場料 : 無料
主催 : 一般財団法人たんぽぽの家[障害とアートの相談室]
共催 : 障害者芸術文化活動普及支援事業近畿ブロック合同展覧会実行委員会
平成30年度厚生労働省障害者芸術文化活動普及支援事業
問い合わせ : 大分県福祉保健部 障害福祉課 緒方

出展者
井村ももか(滋賀/やまなみ工房)、XL(京都/スウィング)、春日一志(広島)、中村和暉(大阪/アトリエコーナス)、中村真由美(奈良/たんぽぽの家アートセンターHANA)、ポズック楽団(和歌山/Po-zkk)、松浦愛夢(兵庫/片山工房)、山本康介(鳥取/アートスペースからふる)

イベント「めぐるアートをめぐるトーク」
会期中に会場内にてトークシリーズを実施いたします。参加ご希望の方は下記連絡先までお申し込みください。
*障害のある人のアートの「橋渡し」を考えるためのセミナー 第3回:アートの評価を考える
2月7日(木)18:00〜19:30 *参加費1,000円

アートを評価するということは、作品の魅力や意義を言葉にし、人に伝えるということであり、 「なぜアートが人間や社会に必要なのか」ということを考えていく重要なプロセスです。 アートのプロセスや社会的コンテクストを含め、幅広い視点から評価や批評を行ってきた 評論家を招き、その価値を図るまなざしを学びます。

講 師:椹木野衣(美術評論家・多摩美術大学美術学部教授)
聞き手:岡部太郎(一般財団法人たんぽぽの家)
*トークシリーズ「表現と支援について考える」  *各回、共に参加費1,000円
福祉施設などでの支援の現場では、障害のある人が表現をすることをどう捉えているのでしょうか? また、障害のある人の日常の活動を支えるなかで、表現と支援がどう結びつくのでしょうか? 現場の実践者たちを招き、人が表現することの意味、多様な支援のあり方についてお話します。

2月2日(土)18:00〜19:30  木ノ戸昌幸(スウィング)、白岩高子(アトリエコーナス)
2月9日(土)18:00〜19:30  新川修平(片山工房)、山下完和(やまなみ工房)

[問合せ・トークのお申込先] 障害とアートの相談室
奈良市六条西3-25-4 一般財団法人たんぽぽの家 内
TEL 0742-43-7055 FAX 0742-49-5501
E-mail artsoudan@popo.or.jp http://artsoudan.tanpoponoye.org

◉トークのお申し込みは、タイトル、日時、参加人数を記載の上、上記連絡先までお送りください。参加費は、当日会場にて申し受けます。

カテゴリー: これまでの展示会 | 「めぐるアートをめぐる」展 はコメントを受け付けていません。

2019年2月8(金)‐10日(土) 

アール・ブリュット ジャポネⅡ ライブ展

会場 : びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール淡海9
(滋賀県大津市におの浜4-7-4)
観覧料 : 無料
休館 : 無休
主催 : 東京都、社会福祉法人 愛成会
協力 : アメニティーフォーラム実行委員会お問い合わせ : 社会福祉法人グロー(GLOW)~生きることが光になる~法人本部企画事業部
TEL0748-46-8100 FAX0748-46-8228
URL http://www.no-ma.jp/?p=18014

やまなみ工房出展者 : 井上優

カテゴリー: これまでの展示会 | アール・ブリュット ジャポネⅡ ライブ展 はコメントを受け付けていません。

2019年01月17日(木)‐01月20日(日)

out sider art fair 2019 NY

Metropolitan Pavillion
125 W. 18th Street New York, NY 10011

Hours
Thursday, January 17, 2019
VIP Early Access Preview: 2:00 PM – 6:00 PM
Vernissage: 6:00 – 9:00 PM

Friday, January 18, 2019: 11:00 AM – 8:00 PM
Saturday, January 19, 2019: 11:00 AM – 8:00 PM
Sunday, January 20, 2019: 11:00 – 6:00 PM

やまなみ工房出展作家 : 井村ももか/鵜飼結一朗/大家美咲/吉川秀昭

 

カテゴリー: これまでの展示会 | out sider art fair 2019 NY はコメントを受け付けていません。

2019年1月30日(水)-3月8日(金)

Eye Eye Nose Mouth展

開館時間 : 09:00-18:00
会場 : Harvard University Asia Center
CGIS South Concourse 1730 Cambridge St Cambridge MA 02138
Exhibition opening: January 29, 2019, 5:30-7:00pm.
Curated by Raphael Koenig & Benny Shaffer.

ARTWORKS BY
やまなみ工房 Atelier Yamanami (Shiga Prefecture, Japan)
鵜飼結一朗 Ukai Yuichiro
鎌江一美 Kamae Kazumi
中川ももこ Nakagawa Momoko
竹中克佳 Takenaka Katsuyoshi
吉川秀昭 Yoshikawa Hideaki

The opening reception on January 29, 2019
from 5:30pm to 7:00pm will be preceded
by an interdisciplinary academic symposium (3:00pm to 5:00pm) that will provide
further context on the broader aesthetic, legal, and sociopolitical conditions under which
each of these workshops operates. Both events are free and open to the public.
January 30, 2019:
4:00 to 6:00pm, CGIS South, Tsai Auditorium: Screening of Jizo Libido, a documentary film
about Atelier Yamanami (Japanese with English subtitles, 62min) by Yoshiaki Kasatani,
followed by a discussion and Q&A with the director. With the participation of Julia
Alekseyeva (Postdoctoral Fellow, Reischauer Institute of Japanese Studies, Harvard
University), Yukiko Koide (gallery owner and leading expert of Japanese self-taught and
outsider art), and Masato Yamashita (director, Atelier Yamanami). (free entry)

カテゴリー: これまでの展示会 | Eye Eye Nose Mouth展 はコメントを受け付けていません。

2018年12月14日(金) - 2019年1月17日(木)

TOO MUCH やりすぎ!展

会場 : 龍谷大学瀬田キャンパス 2号館1階通路
休館日 : 土、日、祝、冬休み期間【12.27~1.6】
開館時間 :  9:00-17:30
観覧料 : なし
出展作家 : 神山美智子、酒井美穂子、田中乃理子、田村拓也、宮下幸士、山際正己

特別映画上映&トークイベント 映画 「地蔵とリビドー」
2019.1.10(THU)15:20 ‐ 17:30

・会場:龍谷大学 瀬田キャンパス 6号館プレゼンテーション室
・一般:1,000円
・トークイベント出演
笠谷 圭見(監督/PR-y主宰)
山下 完和(やまなみ工房施設長)
進行:松本 拓

カテゴリー: これまでの展示会 | TOO MUCH やりすぎ!展 はコメントを受け付けていません。

2018年11月30日(金) -2019年3月3日(日)

「かたどりの法則」展

時間 : 10:00-17:00
会場 : 鞆の津ミュージアム
〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆271-1
TEL:084-970-5380 / FAX:084-970-5381
休館日 : 月・火(ただし祝祭日は開館。12/7、12/8、12/31-1/3は休館) / 入場無料
入場料 : 無料
主催 : 社会福祉法人創樹会 鞆の津ミュージアム
共催 : 中川幹朗(ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会)、特別養護老人ホーム 淡路ふくろうの郷、NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)、森村泰昌、上田假奈代、小林商事株式会社、深澤幸枝・深澤隆行、一般社団法人NOOK、社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房、ボーダレスアートスペースHAP
お問い合わせ先 : 鞆の津ミュージアム
〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆271-1
TEL:084-970-5380 / FAX:084-970-5381

やまなみ工房出展作家 : 熊田史康

カテゴリー: これまでの展示会 | 「かたどりの法則」展 はコメントを受け付けていません。

2018年12月17日(土)‐11月23日(金)

地蔵とリビドー展

会場:堺町画廊
〒604-8106 京都市中京区堺町通御池下ル
開催期間 : 2018年11月17日(土)‐11月23日(金) 9:00〜23:00

「やまなみ工房」の作品展を堺町画廊にて開催します。
また、ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』も京都シネマにて公開中。
併せてご覧いただくことで、より理解を深めていただける内容となっています。

〈 入場無料 〉

カテゴリー: これまでの展示会 | 地蔵とリビドー展 はコメントを受け付けていません。

2018年12月1日(土)

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 作品募集2018 授賞式

時間 : 13:30-16:00(13:00開場)
会場 : 渋谷ヒカリエ9階ヒカリエホール ホールB
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9F
定員 : 230名(応募者多数の場合は抽選)
要事前申込/全席自由/観覧無料
情報サポート 手話通訳/要約筆記/車いす鑑賞/補助犬同伴
主催 : 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
協力 : 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
お問い合わせ先 :
日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS「作品募集」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
国際障害者交流センター ビッグ・アイ内
TEL 072-290-0962/FAX 072-290-0972
Eメール contest@diversity-in-the-arts.jp

映画『地蔵とリビドー』の上映や山下完和、中津川浩章によるトークセッション「表現せざるを得ない人たちの日常」も開催

映画「地蔵とリビドー」上映
日時:2018年12月1日(土)15:00-16:00
切実なる表現欲求、抑えきれない衝動。最前衛のアーティストたち。
知的障害や精神疾患のあるアーティストたちによる創作物の魅力を紹介するドキュメンタリー映像作品。滋賀県にある障害者施設「やまなみ工房」に通所する人たちのユニークな創作スタイルや、工房で過ごす彼らの日常の様子を約一年間取材して製作。彼らの作品が海外で高い評価を受ける理由は?アウトサイダーアートに造詣の深いジャーナリストや美術関係者へのインタビューのほか、障害のあるアーティスト自らが語る“精神状態と創作の関係性“など、彼らの切実な表現欲求の根源を探る。
(監督:笠谷圭見/2018年/62分/日本/日英字幕付)

カテゴリー: これまでの展示会 | 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 公募展 作品募集2018 授賞式 はコメントを受け付けていません。

2018年12月5日 (水)‐9日(日) 

「ここから3 ~障害・年齢・共生を考える5日間」展

時間 : 水木日/10:00‐18:00 金土10:00‐20:00
会場 : 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
URL https://www.kokokara-ten.jp/

入場料 : 無料
主催 : 文化庁
共催 : 国立新美術館
お問い合わせ先 : 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

本展は、文化庁主催により、平成28年10月に開催した「ここから―アート・デザイン・障害を考える3日間―」展と、平成30年3月に開催した「ここから2―障害・感覚・共生を考える 8 日間」展を継承する展覧会です。3 回目の開催となる今回は、「障害・年齢・共生を考える」をテーマとし、年齢については「エイジ/レス」をサブキーワードとしました。障害や年齢を超越して、ものをつくることについて考え、また同じ場に集って展示を見ることにより、アートを通じて共生社会を考える機会となるよう企画するものです。また、「障害者週間」と会期を重ねることで、共生社会への関心や理解がより深まることを期待しています。本展では、障害のある方たちが制作した魅力ある作品と、文化庁メディア芸術祭の受賞作などから選ばれたマンガ、アニメーション作品や、参加型のメディアアート作品等を展示し、ワークショップや監修者によるトークなどのイベントも併せて行います。障害のある方やご家族、あらゆる人々が気軽に楽しみ、そこから新たな意識につながることを願っています。

やまなみ工房出展作家 : 大路裕也/熊田史康

カテゴリー: これまでの展示会 | 「ここから3 ~障害・年齢・共生を考える5日間」展 はコメントを受け付けていません。

PAGE TOP